八溝マテリアル株式会社

技術/リサイクル

TECHNOLOGY & RECYCLING


掘削から製品運搬まで、
一貫したシステムで品質を管理。

大型ダンプ私たちが、石というかけがえのない“資源”の恩恵を享受し続けるためには、計画的に無駄なく採取し、確かな品質の“資材”に加工するシステムと技術が必要です。
八溝マテリアルは、原石の採取から加工、ロジスティック(供給システム)までを一貫して行うことにより、高品質な砕石の安定供給を実現しています。

FLOW

掘削

ベンチカット工法により、天候による影響が少なく、安定かつ安全掘削作業が可能です。

発破

油圧クローラードリルで穿孔し、この孔に爆薬を装填して、発破します。1回の起岩石量は18,000トン前後です。

原石積込

油圧パワーショベルで63トンの大型ダンプトラックに原石を積み込みます。

原石運搬

大型ダンプトラックに積み込まれた原石は、第2プラントの原石ホッパーに運ばれます。

加工

砕石の種類に応じて、各プラントで原石加工をします。

製品検査

[JIS規格]に基づいて、専任の技術課要員がすべての製品の品質を検査します。

製品積込

各種ホイールローダで、ダンプトラックに製品を積み込みます。

製品運搬

コンピュータを連結したトラック・スケールで計量し、各地の施工現場やコンクリート工場などの需要先へ運搬します。

各プラントの生産工程

第2工場のプラントは、第2、第3プラントに分かれ、第2プラントには1次(クラッシャラン)と、2次(単粒度砕石)の2系統があります。
さらに、砕砂プラントでは2基のボールミルを完備。生産されるすべての砕石・砕砂について、JIS規格に基づく検査を定期的に行い、多岐にわたる厳しい規格を満たした、高品質な製品を送り出しています。

第2プラント [フロー]
第2プラント [フロー]図
第2プラント [砕砂フロー]
第2プラント [砕砂フロー]図
第1プラント [フロー]
第1プラント [フロー]図
第3プラント [フロー]
第3プラント [フロー]図

RECYCLING

石はリサイクル時代へ。
環境と“共生する”砕石産業に取り組んでいます。

[八溝マテリアル]では、各種コンクリートやアスファルトくず、無機性汚泥などを資源として再生するリサイクル・プラントを完備。
限りある資源を有効に活用するシステムを確立するとともに、建設廃材の低減化にも大きく貢献しています。

  • 破砕施設

  • 造粒固化施設

リサイクルプラントフロー[産業廃棄物の中間処理]

  • コンクリートくず、鉱さい、がれき類
  • 破砕処理
  • RC-40、RC-80
    (用途:路盤材等)
  • 無機性汚泥、鉱さい
  • 造粒固化処理
  • 再生盛土材
    (用途:路床材等)